最近テレビでもよく名前が挙がるようになったモラハラ。

「自分の彼氏もモラハラかもしれない」と不安に思っていませんか?

 

モラハラは言葉や態度による目に見えない暴力なため、自分では彼氏がモラハラかどうか判断しにくいものです。

夫のモラハラされてきた経験のある筆者がモラハラ彼氏の特徴について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

モラハラ彼氏の5つの特徴

モラハラ彼氏の主な特徴5つ

[1] 最初はとてもいい彼氏を演じる

 

モラハラ彼氏は付き合う前、そして付き合った直後はとても良い彼氏を演じます。

 

そのため、

「あんなにいい人だった彼氏が変わってしまうなんて私のせいだ」

と考えてしまいがち。

 

彼氏も「お前のせいだ」と言ってくるでしょうが、それは違います。

彼はあなたを手に入れるために、いい人を演じていただけなのです。

 

[2] 外面がいい、周囲の評判が良い

 

モラハラ彼氏は外面がとても良いです。

コミュニケーション能力だけでなく、容姿や能力に優れている場合も少なくありません。

 

そのため、学校の友人、あるいは会社の同僚からは「良い彼氏」「あの人がそんなことをするわけがない」といわれ、モラハラを相談しても取り合ってもらえないということが多いのです。

 

このように、「相談できず孤立しやすい」という点もモラハラの厄介なところです。

 

[3] なにか悪いことがあると全部彼女のせいにする

 

モラハラ彼氏は自分が絶対的に正しく、彼女は間違っていると思い込んでいます。

 

そのため、なにか悪いことが起きると、「渋滞に巻き込まれた」など誰も悪くないことでも、或いは彼氏に原因があったとしてもお前のせいだと責めます。

 

[4] 彼女を自分の思い通りにしようとする

 

モラハラ彼氏は彼女を自分の思うようにしたいという歪んだ欲求を強く持っており、説教を好む傾向にあります。

 

「お前のためを思っていってやってる」「こんなこともわからないのか」と彼女が悪いから俺が説教をしてやっているんだ、というスタンスを取ることが多く、これを繰り返すうちに彼女は「自分が悪いのかも」と洗脳のような状態に陥ってしまいます。

 

職場の飲み会に出席するな、飲み屋のバイトはやめろなど束縛が厳しく、行動を制限してくることも多いです。

また、突然無視したり音信不通になって彼女を不安にさせ、自分の思い通りにさせるというのもモラハラ彼氏の手法のひとつです。

 

[5] たまにとても優しい

 

昨日まで無視していたのに、今日は凄くやさしい。
先週怒鳴り合いの喧嘩をしたのに、今週はとつぜんプレゼントをくれた。

 

このように、たまにとても優しくなるというのはモラハラ彼氏の常套手段です。

この間は本当に良い彼氏として振る舞うので、彼女は「やっぱり本当は優しい人なんだ」と勘違いしてしまいます。

 

もちろん本当に優しいわけではなく、その優しさはあなたを自分の物にしておくための「アメとムチ」のアメに過ぎません。

モラハラ彼氏との結婚は辛いものになる可能性が高い

モラハラ彼氏との結婚は、前途多難の可能性大

個人的な意見ではありますが、私は彼氏がモラハラだとわかったら別れた方がよいと考えています。

 

理由は二つあります。

まず単純に、モラハラを更生するのはとても難しいということ。

そして、結婚や妊娠・出産を機に、モラハラが加速する可能性が非常に高いということです。

 

私自身は数年にわたり、夫からのモラハラに悩まされてきました。

一時は離婚を本気で検討し、弁護士さんもつけたほどです。

当時の私には乳幼児の子どもがおり、普通なら離婚はまず選ばないところでしょう。

しかし、それでも構わないと思えるほどにモラハラは辛いものでした。

 

今はなんとか円満にやっていますし、夫への愛情もあります。

でも……もし結婚していないときにモラハラをする人だとわかっていたら、間違いなく別れていたと思います。

それほどまでにモラハラをする人との生活は辛いものなのです。

 

 

このページを読んでいるあなたは、きっと今、彼氏からのモラハラに苦しんでいるのだと思います。

結婚や出産をし、モラハラ彼氏からモラハラ夫になれば、モラハラは今よりもっとひどくなります。

 

結婚や妊娠・出産をすると、女性は離婚を選択しづらくなります。

だから・・・どれだけ酷いことを言っても、簡単には逃げられないだろう。

このような考え方で、彼氏や夫はモラハラをより激しくしてくるのです。

本来なら最高に幸せなものであるはずなのに悲しいことですが……。

 

 

好きだから一緒に居たい、本当はいい人だから救ってあげたい……

好きで付き合ったわけですから、そういう気持ちを抱くのは自然なことです。

 

たしかに、モラハラ彼氏を更生できる可能性はゼロではありません。

しかし、モラハラ彼氏やモラハラ夫によって精神的に追い詰められ、死を選んでしまった女性もまた現実にいます。

繰り返しますが、それほどまでにモラハラは辛いものなのです。

 

だから、あなたがモラハラ彼氏を付き合っていくことが本当に自分の幸せに繋がるのか、私は真剣に考えてほしいと思っています。

モラハラ彼氏とどうしても別れられないあなたへ

モラハラ彼氏とどうしても別れられない・・・

「別れた方がいいのはわかっているけど可哀想で別れられない」
「私がいなくなったら、彼氏の理解者がいなくなってしまう」

 

モラハラの被害にあっている女性は、このように考えてしまう傾向にあります。

これは、モラハラ彼氏が相手の気持ちを考えられる心優しい女性をターゲットに選んだうえで、そのように考えるように仕向けているからです。

 

 

それでも彼女が別れたいというと、悪いところは全部治すからと泣きついてきたり、自分の辛い過去を明かすなどして同情を誘ってきます。

一度別れても何度も泣きついてくるから復縁してしまい、またモラハラが始まったということも少なくありません。

 

モラハラ被害に長くあっていると洗脳されているのと同じ状況にあり、冷静に判断することが難しくなっています。

自分の気持ちや状況をノートに書き出して客観的に今の状況を見る専門の相談機関やカウンセリングなどをうけ第三者からの意見を仰ぐなどして、本当に自分に必要な選択はなんなのか見極めてみてください。

相談先の例
・各自治体のモラハラ相談窓口
・カウンセリングルーム

彼氏がモラハラ気質だとわかったら、まずは相談を

モラハラ彼氏だとわかったら、まずは第三者への相談を

モラハラをしている本人はそれがモラハラであると気づいてないことが多く、改善は容易いことではありません。

 

なので、彼氏の言動がモラハラだとわかったら、彼氏本人と話し合うよりもまず第三者に相談することをオススメします。

 

モラハラはその酷さが他の人には理解されづらいこともあるので、専門の相談機関モラハラを得意とするカウンセラーを見つけてみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事